ソリューション Solution

 

事業継続計画(BCP)ソリューション サーバ統合でコスト削減を実現 サーバ統合ソリューション シンクライアント導入支援サービス LanScope ASPサービス

ビジネスインテリジェンス(BI)ソリューション
BI solution

お客様に合ったBIツールの選定から活用までを完全サポート

これまで業務システムで蓄積した膨大なデータ。眠ったままになっていませんか?蓄積した大切なデータを「過去の振り返り」だけではなく、「未来に向けての情報」とする為に。お客様に合ったBIツールの選定から活用までをサポート致します。

BIとは

BIとは業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用しようとする手法であり、専門家に依存せず、経営者や社員が必要な情報を自在に分析し、経営計画や企業戦略などに活用することを目的としています。

BIを実現する為の製品(ツール)として主に「ETL」「データウェアハウス」「分析ツール」「レポーティング」が挙げられます。これまではこれらの製品がそれぞれ独立した製品であり、活用する為には製品に関する専門知識と製品同士を連携する為の多くのコストが必要でした。

近年、中堅・中小企業でも、BI導入への関心が高まっており、またツールベンダも、このようなニーズの高まりを受け、中堅・中小企業向けの製品を提供し始めています。これらは前述の各製品が統合され、TCO削減を実現していることも特徴の一つです。

ETL 企業内にある基幹システムからデータを抽出し、使いやすいように加工し、データウェアハウスに書き出すためのツール。
データウェアハウス/データマート 基幹システムから集められたデータを溜めるデータの貯蔵庫。
分析ツール OLAPやデータマイニングなど、データウェアハウスやデータマートに蓄積された情報を使い、分析するツール。
レポーティング/モニタリングツール 分析されたデータを分かりやすい形で閲覧するためのツール。

企業における課題

  • システムの情報をもっと有効に利用したい。
  • 報告資料の作成や変更に時間とコストがかかっている。
  • あらゆる角度からの自由な分析ができない。
  • KPIの把握に時間がかかる。
  • 意思決定を迅速化したい。
  • BIツールを導入しているが期待した効果が出ていない。

導入効果

BIは利用するユーザーの職位、職種、業務によって使用する目的や機能が異なります。導入してまず実現できる事は「データの可視化」です。システム内に埋もれていた情報を可視化し、BIツールが持つレポーティング機能を活用する事で、現場レベルでのレポート作成作業が効率化され、結果として生産性向上といった効果が生まれます。次にデータの蓄積により可能になる事が、「分析的活用」です。課題の早期発見や効果的な施策の立案等といった効果が期待できます。経営層は、業務プロセスの改善、KPIの把握等の「戦略的活用」により、意思決定の迅速化が可能になります。

但し、単純に導入したらいいのかというとそうではありません。期待する効果を生む為には、選定から導入・運用に至るまで、お客様の目的に合った製品の選定、活用の為のトレーニング、体制、定期的な見直しも必要です。

BI活用に向けて

近年のBIツールは統合型が主流となっており、以前と比べ導入が容易になったとはいえ、導入すると全て解決ではありません。想定している効果を継続して出す為には、注意すべき事があります。例えば、その1つが「データ整備」です。BIツールは基本的にデータの整合性があっていることを前提としています。とはいえ、業務システム内のデータは必ずしも完全に正規化されているものでもありません。また、前年度比較等の分析要件があった場合、業務システムが最新の情報しか保持していなければ実現できません。このようにBIツールに何を求めるかにより、データのクレンジング作業や、情報の一元化、データ蓄積作業が必要となります。また、「戦略的活用」を実現し、「売上の増加」「顧客満足度の向上」「新規顧客の開拓」等に繋げるためには、BIをどのように活用するかを考え、評価し、実践する事が重要となります。我々はIT技術のプロとして、また、お客様のパートナーとして、お客様の視点でBIの活用を共に考え、サポートを行う準備があります。

ソリューション内容

  • BIツールの選択/導入/トレーニング/展開
    1. お客様の要求事項に最も適したBIツールの選定をご支援いたします。
    2. 選定されたBIツールについての導入・設定を行い、その効果的な利用を実現するためのトレーニング及びに展開作業のご支援を行ないます。
  • データ活用方法のプランニングと設計
    1. トップダウンアプローチにより、データ活用方法を明確にいたします。
    2. 活用を行なうためのデータ源の調査、及びにデータ分析を行ないます。
  • データの抽出/変換/ロード
    1. データ分析結果に基きETLツール等を利用し、効率的にかつ高品質なデータの抽出/変換/分析用DBへのデータロードを実現いたします。
  • 活用結果の評価/分析データを追加しての再分析
    1. 活用結果を評価し、更に効果の見込める活用方法を検討します。
    2. 追加のデータ活用に必要なデータは、再度データ源の調査及び分析を行いETLツールを活用しスピーディーに収集します。
PDFダウンロード
製品のお問い合わせ・資料請求 株式会社シティアスコム営業管理本部 TEL092-852-5130 FAX092-852-4151 購入お見積り、資料請求などお気軽にお電話、またはフォームにてお問い合わせください。

ページ上部へ