ソリューション Solution

 

事業継続計画(BCP)ソリューション サーバ統合でコスト削減を実現 サーバ統合ソリューション シンクライアント導入支援サービス LanScope ASPサービス

提案依頼書(RFP)作成支援サービス
RFP support service

システム構築・導入の成功は、高品質のRFPから始まります!

情報システムへの投資に際し、RFPを作成する必要があるが、通常業務が忙しく記述する余裕がない、また、専門的な技術がないため、何をどう書けばいいかわからない。そういった悩みに対し、弊社の経験豊富なSE、ITコーディネーターがRFP作成を全面的にバックアップいたします。

企業における課題

  • 企業目標達成・課題解決の為にシステムをどのようにしたら良いかわからない
  • システム投資が目標達成・課題解決に繋がらないまたは効果がわからない
  • ベンダーの見積もりが適正な価格かどうかの判断がつかない
  • 製品や技術がパッチワーク状態となっており一貫性がない
  • ベンダー各社の提案がバラバラで比較できない
  • プロジェクト開始後に納期遅延・追加費用が頻繁に発生する

RFP(Request for Proposal)とは

RFP(Request for Proposal)とは情報システムの導入や業務委託を行なうにあたり、発注先候補のベンダーに具体的な提案を依頼する文書です。必要とするハードウェアやソフトウェア、サービスなどのシステムの概要や、依頼事項、保証要件、契約事項などが記述する必要があり、ベンダーはこれをもとに提案書を作成します。発注元は提出された提案書を評価し、契約するベンダーを選定、ハードウェアやソフトウェア、サービスなどを調達するといった流れになります。

RFPの作成に当たっては対象となるエンドユーザーへのヒアリングを行い、現状の課題、改善要望を洗い出し、具体的な機能要件に落とし込む事から始まります。こういった作業はベンダーへの情報提供という側面もありますが、企業内での情報システムに対する現状認識と求める姿のコンセンサスをとるといった側面もあります。

しかしながら、エンドユーザーにとって、このような作業は不慣れであり、後から要求事項が変わるといったことも多々あります。要件の変更はそのまま調達要件の変更に繋がり、納期遅延や費用の増加に直結します。したがって初期段階からエンドユーザーの要求事項を引き出すテクニックと最終イメージの共有が、非常に重要となります。

図のように曖昧なRFPはベンダーによる提案品質の劣化、プロジェクト開始後、システム導入後のトラブル等に繋がります。

目的・目標の達成というゴールへの第一歩は如何にRFPの品質を向上(具体化)することができるかがポイントとなります。

 

RFP作成のポイント

  • 企業目標(経営目標・部門目標)の把握と実現するロードマップの策定
  • 要求事項を引き出すヒアリング技術と課題・原因分析技術
  • 新ビジネスモデル、新システムモデルの企画立案技術
  • システム化の目的・目標の明確化
  • 要件(機能要件、技術要件、運用要件、調達要件、期間、予算)の明確化
  • 最新IT技術、業界動向の収集と適用判断

上記のようにRFP作成においては様々な技術が求められます。RFPの精度・品質はベンダーが出す提案書の品質となり、最終的にはシステムの品質となるわけですから明確なゴールと具体的な要件を記載する事が重要です。

RFP作成支援サービス

弊社の経験豊富なSE、ITコーディネーターがRFP作成のお手伝いをさせて頂きます。金融、流通、製造等、幅広い業種への対応が可能です。

期間 約1ヶ月~3ヶ月
支援形態 半常駐(週1~2日程度の訪問)
支援費用 個別相談
実施手順

効果

  • 具体的な情報提示によるベンダー提案品質の向上
  • 明確な選定基準によるベンダー選定の透明化
  • スコープ・役割の明確化による契約後のトラブルリスク低減
  • 保守性・拡張性を見据えたシステム構成技術の採用
  • 目標達成・課題解決におけるシステム化ロードマップの完成・共有
PDFダウンロード
製品のお問い合わせ・資料請求 株式会社シティアスコム営業管理本部 TEL092-852-5130 FAX092-852-4151 購入お見積り、資料請求などお気軽にお電話、またはフォームにてお問い合わせください。

ページ上部へ