ソリューション Solution

 

事業継続計画(BCP)ソリューション サーバ統合でコスト削減を実現 サーバ統合ソリューション シンクライアント導入支援サービス LanScope ASPサービス

システム統合ソリューション
system integration solution

グループウェアを基盤とし、散在する社内システムを統合!

本来は「システムはビジネスのため」であるべきです。しかしながら現状はシステムによる制限がビジネスを制限していることがあります。この解決手法として昨今、SOAという考え方が期待されています。我々は、弊社グループウェア iCan! GW を基盤とし、様々なシステムを統合管理し、「システムはビジネスのため」という、あるべき姿に向け挑戦します。

今、求められるグループウェアとは

グループウェアの導入は成熟期に入り、その有用性が評価されている反面、課題も浮き彫りになってきました。企業としてより競争力を得るための機能追加、システム統合を行う為には、制限事項が多いのも事実です。結果、シンプルで使いやすいグループウェアに特化した製品が高く評価されています。

今後求められるグループウェアは、「企業のシステム基盤」「低コストでシンプル」の2極化が進むと思われます。

「企業のシステム基盤」とは散在するあらゆるシステム基盤を統合することで運用コストを抑えつつも、既存情報を共有し、有効活用することで、付加価値の高いサービスを実現しようという動きです。一方、「低コストでシンプル」とは、SaaS等のWebサービスを必要な機能・必要な期間、“利用” するというものです。

iCan! GWの概要

  • システム基盤に「intra-mart」を採用。
  • 柔軟で拡張性の高いグループウェアを実現。
  • 基幹システムや社内業務システムとの連携実績あり。
  • シンプルなライセンス体系。
  • ソースを公開しており、内製によるカスタマイズ可能。

iCan! GWの機能

一般的な機能は構築済みです。

iCan!GWの機能

GWを基盤とするということ

Wを基盤とするということ

シンプルなグループウェアを基盤とし、必要な機能を追加することで、システム統合を行います
基盤を統合するということは、単なるインフラ統合、保守コストの低減だけでなく、情報の連携を容易にし、あらゆる情報を容易にリンクさせることができます。今まで困難だったシステムの枠を超えた情報の本質を探ることが、企業ポータル上で実現します。また、既設グループウェア機能の強化や機能追加、他システムへの連携も柔軟に実現可能です。

  • インフラ統合、基盤統合による、ランニングコスト低減
  • システムの枠を超えた情報の本質を探ることを容易にする
  • 情報に対するアクセシビリティの強化

弊社事例

リソース共有のイメージ

左記の事例では、グループウェア基本機能に加え、複数のシステムと連携し、企業ポータルとして活用しています。資産管理システムとの連携ではPCへのインストール情報を収集し、グループウェアへの追加機能「HW/SW管理」として適正なライセンス管理を実現しています。また、収益管理システム(SAP社)との連携ではプロジェクト収益情報を各担当者が、自由に確認できる機能を実現しています。

このように異なるプラットフォームで構成されたシステムを繋ぎ、システム間の枠を超え、有用な情報を提供することも「システムはビジネスのため」であることを実現する1つのアプローチと考えます。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

PDFダウンロード
製品のお問い合わせ・資料請求 株式会社シティアスコム営業管理本部 TEL092-852-5130 FAX092-852-4151 購入お見積り、資料請求などお気軽にお電話、またはフォームにてお問い合わせください。

ページ上部へ