ソリューション Solution

 

事業継続計画(BCP)ソリューション サーバ統合でコスト削減を実現 サーバ統合ソリューション シンクライアント導入支援サービス LanScope ASPサービス

ワークフローソリューション
workflow solution

お客様のビジネスに柔軟に対応するワークフロー

ワークフローには「ドキュメントワークフロー」と「ビジネスプロセスワークフロー」という2つの考え方があります。我々は、この考え方に準拠し標準かつ高機能なワークフローエンジンを持つ、「intra-mart」をベースに、お客様にビジネスに即したワークフローを実現します。

今、求められるワークフローとは

グループウェアの付属としてのワークフローを利用し、その制限より一部の機能は別の製品にて代用するなど、複数のワークフローシステムを利用している企業様も多く存在します。また、他システムとの連携や、日本特有の複雑な申請ルートに対応する為には多くのコストがかかります。今、求められるワークフローとはこれらを解決するとともに、内部統制上必要な権限設定、問題発生時の証跡機能を持つものである必要があります。

特徴

  • ワークフローデザイナにより柔軟な設定によるフロー変更が可能。
  • WEB公開により発生源入力が可能。
  • 社内業務システムとの連携によるビジネス効率化を実現。
  • 標準で細かな権限設定と問題発生時の証跡に対応。
  • 弊社グループウェア「iCan!GW」と連携可能。
  • 様々な拡張を可能にするオプション製品が充実。
  • 国内ワークフローシェア2年連続 No.1。

【ワークフローデザイナ】
グラフィカルな設定画面による柔軟な設定が可能です。

ワークフローの主な標準機能

差し戻し 案件を申請者または直前の承認者に戻す
代理申請/承認 申請者/承認者が不在の場合に、代理者が申請承認を行う
一括承認 複数の申請に対して、一括で承認や否認を行う
根回し 現在依頼承認中であることを他のユーザにもメールで知らせる
自動催促 承認期限がせまっている申請について、処置(承認/否認)を促す通知をメールで送信する
引き戻し 申請者や承認者が案件を引き戻す
一時保存 申請前に登録内容を途中保存し、次回申請時に途中からスタートすることができる
上記以外にも様々な標準機能があります。

ドキュメントワークフロー

ドキュメントワークフローでは、イントラネット環境での多階層の承認ワークフローが構築でき、あらかじめ設定された承認ルート(プロセス定義)にしたがって、承認者宛てに電子メールが伝達され、そこから承認処理、進捗状況のチェックなど、きめ細かいワークフローの構築が可能になります。

プロセス定義の作成画面は、専用ツールを用いたグラフィカルなユーザインタフェースが用いられており、プロセス定義を直感的に把握することができるようになっています。
記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

ビジネスプロセスワークフロー

申請・承認が中心となるドキュメントワークフローとは異なり、ビジネスプロセスワークフローでは事務処理のプロセス定義をあらかじめ登録しておくことで、事務処理をそのまま自動化することができます。このため、事務処理の適正化を図ることができ、作業効率を大幅に向上させることができます。また、他システムとの高い連携性により、ビジネスプロセスワークフローの適用範囲は、さまざまな既存システムをまたがった全業務プロセスを対象にして広げていくことができます。これによって、複数システムをまたがった業務プロセス全体の最適化と、社内システムの統合効果を実現することが可能になります。

PDFダウンロード
製品のお問い合わせ・資料請求 株式会社シティアスコム営業管理本部 TEL092-852-5130 FAX092-852-4151 購入お見積り、資料請求などお気軽にお電話、またはフォームにてお問い合わせください。

ページ上部へ