ラクヨミAI with AI inside

ラクヨミAI with AI insideとは(以下「ラクヨミAI」と表記)

  • 手書き書類や帳票の文字読取を行い、データ化するAI技術を使ったOCRサービスです。
  • 大量の書類のデータ化により帳票処理業務の稼働削減が期待できます。
  1. 1

    書類・帳票を
    アップロード

  2. 1

    AIを使って
    データ化

  3. 1

    読取結果を
    ファイル出力

  4. 1

    RPAと連携
    自社システムへ
    自動投入も可能

3つ!のポイント

  • 読取精度

    96.71%

  • 稼働時間削減

    61.69%

  • 簡単に使える

    ブラウザベース
    の操作性

ポイント1

20,000文字を超える実証実験の結果、
導き出された読取精度は、なんと!96.71%*1

これがラクヨミAIの実力

  • cityascom

  • 福岡市早良区

  • 読取精度

  • AI-OCRとは、手書き書類や帳票の文字読取を行い、データ化するサービスです。

  • 2019年10月10日

  • 手書き帳票サービス

*12018年8月~9月に3社で行ったトライアルにおける、申込書・現金通帳(手書き文字含む20,275文字)の読取精度(正解数/全文字数)の平均。

ポイント2

社内システムと連携できるRPAと組み合わせ
担当者の投入時間を削減!削減率単純平均、61.69%*2

納品書や発注書の内容をデータ入力している

手書きの申込書や契約書を取り扱う

処理帳票は何百何千枚もある

電子処理できて、手作業を削減!

識別精度のおかげで、修正時間も短くなった!

膨大な量でも、RPA自動化技術と連携すれば一気に処理!

RPA導入支援サービス

*2 トライアル前(2018年7月)とトライアル時(2018年8月~9月)の申込書・預金通帳(対象帳票数3,900枚)の読取~システム投入にかかる帳票1枚あたりの削減率を3社で単純平均した結果。

ポイント3

直感的で使いやすいブラウザベースの利用者画面で、
スキャナーとインターネット接続環境があれば、
マウス操作だけで使いこなせるかんたん!

提供料金

初期費用
初期導入費用
スキャナーとインターネット接続環境があれば
不要
月額利用料
基本利用料

まずは60日お試ししてみるなら…

2ヶ月トライアル版
  • 基本メニュー(1契約あたり)

    トライアル期間 60日間 *1

    200,000円(60日分)*2
    読み取り箇所が月6万まで*3

      
  • 自動帳票仕分け機能

    ※下記従量利用料をご覧ください。

実際に業務に活用するなら…

通常版*4
  • 基本メニュー(1契約あたり)

    最低利用期間 24ヶ月(中途解約金あり) *5

    100,000円/月
    読み取り箇所が月6万まで*6

  • 自動帳票仕分け機能 オプション

    最低利用期間 24ヶ月(中途解約金あり) *8

    200,000円/月
    読取箇所と仕分け帳票枚数の合計が月6万まで*6
    読取箇所が月6万を超えた料金については下記従量利用料金をご覧ください。

  1. *1提供を開始した日から60日を経過すると、自動的に本サービスの契約が終了します。お申し込みにより、基本メニュー(通常版)および自動帳票仕分け機能(通常版)への変更が可能です。なお、基本メニュー、自動帳票仕分け機能とも、通常版から2ヶ月トライアル版への変更はできません。
  2. *260日分の基本利用料を一括で請求いたしますが、60日以内に解約された場合は、返金はいたしません。なお、従量利用料が発生した場合は、複数回の請求となる場合があります。
  3. *3基本メニューで利用した読取箇所が当該料金月の上限(6万)に達していない場合は、6万までは自動帳票仕分け機能の仕分け枚数1枚を1として扱います。利用可能な読取り箇所の上限は、日割り計算いたします。
  4. *42ヶ月トライアル版をご利用後に利用される場合も、通常版のお申し込みが必要です。その場合は、通常版のご利用開始日から24ヶ月間が最低利用期間となります。
  5. *5最低利用期間の途中で解約された場合は、残月数×37,500円を中途解約金として一括でお支払いいただきます。
  6. *6基本メニューで利用した読取箇所が当該料金月の上限(6万)に達していない場合は、6万までは自動帳票仕分け機能の仕分け枚数を1枚を1として扱います。利用可能な読取り箇所の上限は、日割り計算いたします。
  7. *7基本メニュー(通常版)では、1契約につき1回・60日分に限り、基本利用料の支払いなく、自動帳票仕分け機能(通常版)を利用することができます。ただし、基本メニュー(2ヶ月トライアル版)から基本メニュー(通常版)へ変更した場合には、その限りではありません。
  8. *8最低利用期間の途中で解約された場合は、残月数×12,500円を中途解約金として一括でお支払いいただきます。

+

従量利用料

基本メニュー([2ヶ月トライアル版][通常版]共通)

月の読取箇所が6万を越えた場合・・6万/月を超える 1読取箇所毎に
ア)読取結果がブランクのもの0.5
イ)読取箇所が[チェックボックス][汎用チェックボックス]0.5
ウ)上記以外のもの(住所・電話番号・氏名など)1

自動帳票仕分け機能

2ヶ月トライアル版0.5
通常版
読取箇所と仕分け帳票枚数の合計が月6万を超える1枚ごとに
1

導入するまで

  1. 1

    まず弊社にお問い合わせください
    rakuyomi-ai@city.co.jp

  2. 1

    申し込み・契約締結いただけたら
    使用アカウントをご提供します

  3. 1

    ブラウザからかんたんに
    使用開始いただけます